解決!保険料に関する疑問

保険の掛け金を自分の財布から支払うようになって初めて保険の掛け金が所得から控除されるのだという事を知りました。

解決!保険料に関する疑問

保険と税金の関わりについて

保険の掛け金を自分の財布から支払うようになって初めて保険の掛け金が所得から控除されるのだという事を知りました。これは個人が掛けている生命保険料と個人年金保険料の両方が対象だそうですが、両方を合わせると控除額は最高で10万円だそうです。
これまで、保険料を単なる経費と考えていた私は所得から控除される仕組みであった事を知った時は、とても良い方法だと思いました。
ところで、保険金を受け取るという場合にも、これまたしっかりと税金がかかるのだという事を知った時は、ある意味、全く逆のショックを感じました。
無論、こういった形で手にするお金には税金が掛からないであろうと思っていたからです。
しかし、世の中はそれ程、甘くは出来ていませんでした。一般的に、保険金等の受取人として手にしたお金は不労所得として考えられているので、かかる税金は当然と思われているようです。
個人的には、故人が家族を思って残してくれた保険金にも税金が掛かるのかという気もしますが、贈与の一種であるという事は疑いもない事実です。やはり、支払いの義務はあるという事でしょうね。

注目情報